ビル・マンション・アパートなどの集合住宅専門改修

株式会社カメダ総合塗装
お問合せ
塗替えの目安

壁がこうなってきたら塗替えの時期

屋根や外壁などは雨や太陽により、劣化いたします。目に見えてヒビや亀裂、雨漏りはもちろん、10年単位での点検をお勧めします。劣化が進むと修繕費も大きくなります。人間の病気と同じで早期発見、早期修繕をこころがけましょう。

外壁塗装の劣化の過程

チョーキング現象が塗替えのサイン

チョーキングとは、紫外線などが原因で外壁塗装が劣化し、粉を吹いてチョーク状になってしまう現象です。日当たりの良い外壁を触って白い粉が付くようでしたら、チョーキング現象が起こっています。劣化の進んだステップ4以下は、外壁塗装のダメージがひどく、建物自体の劣化にも繋がりかねません。そうなると、塗装の塗替えだけでは済まない状態になてしまい、時間も施工費もかさんでしまいます。ですので、チョーキング現象が起こてしまったら外壁の塗替えを積極的に検討しましょう。

ページトップ

塗替えの必要性

上記にもありましたが、屋根や壁は日々、雨風や直射日光にさらされています。真夏の太陽や、台風の強風など、想像以上に劣悪な環境とも言えます。特に日光に含まれる紫外線は屋根材や外壁材の劣化を早めます。ペンキを塗り替える事で日焼け止めクリームを塗りなおすと想像してください。塗りなおす事により、建物の劣化を防ぐので目にはわかりにくいですが、重要です。塗装の劣化スピードは、塗料の種類や耐久性能、環境などによって大きく変わります。
現在使用されている塗料は主に「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」の3種類になります。

塗装の種類別による
寿命の目安

ウレタン系塗料 …… 約7年
シリコン系塗料 …… 約12年
ラジカル系塗料 …… 約15年
フッ素系塗料 ……… 約18年
お問合せ